おうちdeごはん ときどきおやつ 

カラダ想いのおうちごはん。身近な材料で簡単にからだに優しい家庭料理レシピ

カテゴリ:・おうちdeごはん > 津軽の郷土料理

こんにちは〜。お立ち寄りいただきありがとうございます。訪問とても嬉しいです♡ごゆっくりしていってくださいね。 先週の土曜、朝活してきました。 向かった先は、渋谷ヒカリエにあるd47食堂 発酵デザイナーの小倉ヒラクさんによる発酵スクール 「青森の家庭発酵食品『ごど ... 続きを読む

こんにちは〜。


お立ち寄りいただきありがとうございます。
訪問とても嬉しいです♡

ごゆっくりしていってくださいね。

FullSizeRender

先週の土曜、朝活してきました。

向かった先は、渋谷ヒカリエにあるd47食堂

FullSizeRender

発酵デザイナーの小倉ヒラクさんによる発酵スクール

「青森の家庭発酵食品『ごど』作りワークショップ」に行ってきました。


ごど を教えてくださったのは、

十和田大好き♡矢部聖子さん


ごどってなあに?

十和田を中心とする青森県南部の各家庭に代々伝わる発酵食品


納豆に麹を混ぜてしばらく発酵させると、麹の旨味や甘味、さらに乳酸発酵の酸味が加わり、納豆に複雑な発酵フレーバーが加わった強烈な味に!

納豆とまた違いそれもまた美味しいんです。

「納豆×麹×乳酸菌』の究極の発酵レシピ。


青森の食の深さを感じ、学びたいと思った時のご縁。

津軽、南部、下北それぞれに食の文化があり、南部のごども一部の地域のものなので初めて知りました。

IMG_2948

自分なりのごどを作る為

①利きごど?!ごどの食べ比べ

2つの家庭のお母さんがつくるごどの食べ比べ。

時間をおいたり、塩を控えたりで風味も食感も変化!

ゆで汁多めとか塩少なめとかその家庭それぞれなのが郷土料理って感じです。

IMG_2940

②矢部さんによる実演&ワークショップ

火を使わない、混ぜるだけの調理でmyごどを!

出来上がったごどは、保存容器に入れて持ち帰り。


材料は、納豆+塩+麹+大豆のゆで汁です。

納豆は市販のもので良いそうです。

今回は47食堂が十和田の大豆で作った手作り。

麹は五味醤油、塩は天日干しの塩

IMG_2938


最後は、十和田の食材を使用した贅沢な朝ごはん。

山菜あり、十和田の味噌で作ったお味噌汁あり

十和田のお米で炊いたごはんと十和田尽くし。


ごどの塩味がごはんにのせると更に感じるのが不思議でした。


私もごどを教えて頂いたので継承者になりました。

これから納豆色々変えてmyごとを探していきたいと

思います。


ヒラクさん、聖子さん、ご一緒した皆様ありがとうございました。


Instagram/LINE更新情報

2 / 1

Instagramただいま937名!

LINEを含めフォローして頂けると嬉しいです。

こんにちは〜。料理研究家の仁美です。お立ちよりいただきありがとうございます。訪問とても嬉しいです。よかったらごゆっくりしていってくださいね。津軽の郷土料理の中でも定番な人参の子和え。夏は、なすのしそ巻き・冬は、人参の子和え。人参の子和えは、お正月料理にも ... 続きを読む
こんにちは〜。

料理研究家の仁美です。
お立ちよりいただきありがとうございます。
訪問とても嬉しいです。

よかったらごゆっくりしていってくださいね。
IMG_8837
津軽の郷土料理の中でも定番な人参の子和え。
夏は、なすのしそ巻き・冬は、人参の子和え。
人参の子和えは、お正月料理にも添えられます。

どこか懐かしいほっこりしたお味。
真鱈の子がほろほろっとしていて美味しいんですよ。
津軽には、鱈のじゃっぱ汁という郷土料理があり、昔は鱈を丸ごと購入し、お正月に備えたそうです。

写真の器は、津軽金山焼き、お箸は津軽塗り
箸は、分かりづらいけど( ˊᵕˋ ;)
母が体験で研ぎをしてくれたものなんです。
津軽のステキなものもお料理を通じてこれからもご紹介していけたらと思っております。
b9c272f4 /  Nadia
ポチッとして頂けると嬉しいです。
FullSizeRender

IMG_7734

津軽の郷土料理 人参の子和え

【材料】(約4人前)調理時間約20分

人参(中):1本

しらたき:100g

真鱈の子(生):1腹(200g~300g)

高野豆腐:1枚

長ねぎ:1/2本

【A】だし汁:150cc

【A】酒:大さじ1

【B】醤油:大さじ1

【B】みりん:大さじ1

ごま油:大さじ1

【作り方】
FullSizeRender

下準備

しらたきを下茹でし、ざるにあげ水切りする。

高野豆腐を水で戻す。

人参を5cm程度の千切り、長ネギは、小口切りにする。

高野豆腐は、細めの短冊切り、しらたきは、食べやすい長さに切る。

真鱈の子は、皮に切り目を入れ開き、包丁の背で皮からそいで取り出す。

FullSizeRender

①鍋にごま油を入れ中火で熱し、人参としらたきを炒めしんなりしてきたら【A】を加える。

②沸騰後、真鱈の子をいれ、箸でほぐし、【B】を加え、味を見て必要なら醤油とみりんで味を調える。

FullSizeRender

③高野豆腐を入れ、混ぜながら煮含ませ、最後に火を止め、長ねぎを加え混ぜ出来上がり。

傷みやすいので冷蔵庫に入れて2日〜3日以内にお召し上がりください。

優しい味つけがどこか懐かしくご飯が進む一品です。

ぜひ作って頂けたら嬉しいです。

 IMG_7813

POINT

人参は、スライサーで切ってもOKです。

人参は、煮過ぎないのがポイントです。

ごま油で炒めることによってコクが出ます。

温かいものも、冷めた状態でも美味しいです。

冷めると塩味を強く感じるので塩は、控えめに。

真鱈の生の子は、冷凍できます。

今回は、常備菜にできるよう少し多めの4人前のレシピになっています。

Instagram/LINE更新情報

2 / 1

Instagramただいま590名!

LINEを含めフォローして頂けると嬉しいです。


津軽の郷土料理人参の子和え【#常備菜】
冬の食材、生の真鱈の子と人参を炒り煮にする人参の子和え。 津軽では、冬の家庭料理として又はお正月料理の一つとして作られています。 優しい味つけがどこか懐かしくご飯が進む一品です。 今回は、常備菜として少し多めの4人前のレシピになっています。


続きを読む