https://snapdish.co/plugin/me

おうちdeごはん ときどきおやつ 

カラダ想いのおうちごはん。身近な材料で簡単にからだに優しい家庭料理レシピ

タグ:津軽の郷土料理

ブログにお越しいただき、ありがとうございます。 料理研究家の村越仁美です。ご訪問嬉しいです。*********【料理リレー】すてきな企画にご縁を繋いで頂きました。料理家の脇雅世先生が発起人となって始まった料理リレー。“家にある材料で、簡単に作れる料理”を料 ... 続きを読む
ブログにお越しいただき、ありがとうございます。 料理研究家の村越仁美です。
ご訪問嬉しいです。

*********
【料理リレー】
すてきな企画にご縁を繋いで頂きました。
料理家の脇雅世先生が発起人となって始まった料理リレー。

“家にある材料で、簡単に作れる料理”を料理に携わる人たちでリレー形式にレシピ紹介していくものです。
IMG_0118
以下、脇先生からのメッセージの抜粋です。
*************
世界中が危機感であふれている毎日です。今週末は外出自粛という事でおうちで過ごす時間が長くなりました。こんな時に皆さんと料理でつながることができたらと思い「料理リレー」を試みたいと思います。いつもお家にある材料で簡単に作れる一品を紹介します。わざわざ買い物に出なくても済む、料理作りのヒントになれば幸いです。次の料理家の友人2人に思いを込めてバトンをつなぎます。料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って。2020.3.29
*************

私にバトンを繋げてくださったのは、
多方面でご活躍な料理家 松山絵美さんです。
毎日,複数の愛情たっぷりなレシピを発信されているすてきなお料理家さんであり、大切な友人です。

今回このような素敵な企画に参加出来た事、とても光栄です。
緊急事態宣言が発令され、お料理をする機会が増えていますが食でホッとできる時間があるといいですよね

私は、何を投稿しようかな?と悩みましたが、こんな時だからこそ過去レシピから故郷の味が懐かしくなるかな?と思い食材2つで作れる故郷津軽の郷土料理をご紹介します。

ごはんのお供にもお酒のお供にもピッタリ❗️
箸が止まらなくなるので分量より多めに作ることオススメです☺️
IMG_0024
--------------------------------------
🥢津軽の郷土料理 なすのしそ巻き🍆
--------------------------------------
【材料】(二人前)
なす:2本
青じその葉:16枚〜
◎味噌:大さじ4
◎砂糖:大さじ1
◎みりん:大さじ1
 米油:適量

① 紫蘇に合わせてなすを8つ割りに切りにする。
(太めの短冊切りでもOK。)
水に3分ほどさらしキッチンペーパーで水気を
よく拭き取ります。
②◎の調味料を合わせ、なすを和えます。
(短冊切りなら和えてもOK。)
③ 紫蘇の葉でなすをくるっと巻く。
(なす1本につき1枚。細く切った時は、2本〜4本でまとめてもOK。)
④フライパンに油をひき、巻き目を下に中火弱でフタをし、蒸し焼きにして片面を焼く。
紫蘇の色が変わったら反対を焼く。
なすがしんなりして紫蘇の色が全体的に変わったら出来上がり。(焦がさないよう注意)
☝️Point
 味噌だれは、ゆるくなりすぎないよう味噌で調整してください。今回は、爪楊枝で3本に刺しましたが刺さなくてもOKです。赤紫蘇で巻くとまた味も変わるので出回る時期には、ぜひそちらもお試しください。

私がご紹介するのは、
◉日本野菜ソムリエ認定料理教室「Maman's Dream」主宰 魚の料理教室、魚さばき方教室など多方面でご活躍されていてワンダーシェフのモニターから繋がった川端寿美香さん。
東京方面にいらっしゃる時は、ご一緒させて頂いてます。

◉もうお一人は、私と同じ昆布大使でもあり、20年間イタリア生活の中で料理を学ばれ、料理・ドルチェ課程のディプロマを取得され、華やかなお料理がすてきな多方面で曽布川優子さん。

こちらのお二人にバトンを繋げさせていただきました。
IMG_0121
先日、このお取り組み、読売新聞さまにも掲載されたそうです。

様々な分野でご活躍な料理家さんや料理人、食に繋がる方の身近にある食材で作る料理は、色々で見ているだけでも楽しいですよー。今は、世界にいる食に携わる方も繋がってます。

SNSで#料理リレーを検索してぜひお家で色々なお料理楽しんでくださいね。

#おうちで過ごそう
#stayhome
#料理リレー
#cookingrelay
#脇雅世#加藤巴里#土井光#関澤真紀子#今井亮#吉田愛#坂東万有子#若井めぐみ#神田えり子#松山絵美#村越仁美

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは〜。料理研究家の仁美です。お立ちよりいただきありがとうございます。訪問とても嬉しいです。よかったらごゆっくりしていってくださいね。津軽の郷土料理の中でも定番な人参の子和え。夏は、なすのしそ巻き・冬は、人参の子和え。人参の子和えは、お正月料理にも ... 続きを読む
こんにちは〜。

料理研究家の仁美です。
お立ちよりいただきありがとうございます。
訪問とても嬉しいです。

よかったらごゆっくりしていってくださいね。
IMG_8837
津軽の郷土料理の中でも定番な人参の子和え。
夏は、なすのしそ巻き・冬は、人参の子和え。
人参の子和えは、お正月料理にも添えられます。

どこか懐かしいほっこりしたお味。
真鱈の子がほろほろっとしていて美味しいんですよ。
津軽には、鱈のじゃっぱ汁という郷土料理があり、昔は鱈を丸ごと購入し、お正月に備えたそうです。

写真の器は、津軽金山焼き、お箸は津軽塗り
箸は、分かりづらいけど( ˊᵕˋ ;)
母が体験で研ぎをしてくれたものなんです。
津軽のステキなものもお料理を通じてこれからもご紹介していけたらと思っております。
b9c272f4 /  Nadia
ポチッとして頂けると嬉しいです。
FullSizeRender

IMG_7734

津軽の郷土料理 人参の子和え

【材料】(約4人前)調理時間約20分

人参(中):1本

しらたき:100g

真鱈の子(生):1腹(200g~300g)

高野豆腐:1枚

長ねぎ:1/2本

【A】だし汁:150cc

【A】酒:大さじ1

【B】醤油:大さじ1

【B】みりん:大さじ1

ごま油:大さじ1

【作り方】
FullSizeRender

下準備

しらたきを下茹でし、ざるにあげ水切りする。

高野豆腐を水で戻す。

人参を5cm程度の千切り、長ネギは、小口切りにする。

高野豆腐は、細めの短冊切り、しらたきは、食べやすい長さに切る。

真鱈の子は、皮に切り目を入れ開き、包丁の背で皮からそいで取り出す。

FullSizeRender

①鍋にごま油を入れ中火で熱し、人参としらたきを炒めしんなりしてきたら【A】を加える。

②沸騰後、真鱈の子をいれ、箸でほぐし、【B】を加え、味を見て必要なら醤油とみりんで味を調える。

FullSizeRender

③高野豆腐を入れ、混ぜながら煮含ませ、最後に火を止め、長ねぎを加え混ぜ出来上がり。

傷みやすいので冷蔵庫に入れて2日〜3日以内にお召し上がりください。

優しい味つけがどこか懐かしくご飯が進む一品です。

ぜひ作って頂けたら嬉しいです。

 IMG_7813

POINT

人参は、スライサーで切ってもOKです。

人参は、煮過ぎないのがポイントです。

ごま油で炒めることによってコクが出ます。

温かいものも、冷めた状態でも美味しいです。

冷めると塩味を強く感じるので塩は、控えめに。

真鱈の生の子は、冷凍できます。

今回は、常備菜にできるよう少し多めの4人前のレシピになっています。

Instagram/LINE更新情報

2 / 1

Instagramただいま590名!

LINEを含めフォローして頂けると嬉しいです。


津軽の郷土料理人参の子和え【#常備菜】
冬の食材、生の真鱈の子と人参を炒り煮にする人参の子和え。 津軽では、冬の家庭料理として又はお正月料理の一つとして作られています。 優しい味つけがどこか懐かしくご飯が進む一品です。 今回は、常備菜として少し多めの4人前のレシピになっています。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。今年も皆様のお役に立てるよう作りやすく見た目にもわかりやすく美味しいレシピをご提案していきたいと思います。今年もおつきあいの程、よろしくお願い致します。写真は、岩木山お正月、私の実家青森で津軽らしいお料理を頂き、のんびりと ... 続きを読む
FullSizeRender
明けましておめでとうございます。

今年も皆様のお役に立てるよう作りやすく見た目にもわかりやすく美味しいレシピをご提案していきたいと思います。
今年もおつきあいの程、よろしくお願い致します。

写真は、岩木山
IMG_7682
お正月、私の実家青森で津軽らしいお料理を頂き、のんびりと過ごしました。
左上  人参の子和え
人参と真鱈の子を炒め煮にします。
右上   けの汁
山菜・豆・根菜などを角切りにします。
普段は汁が少なめ具沢山です。
真ん中   葉くるみ漬け
道の駅で見つけたもの。白菜、高菜など干した大根を甘酒などや麹で包むようです。
左下   大鰐温泉もやしラーメン(山崎食堂)
          ハタハタの子  ぶり子の煮びたし
ぶり子の煮びたしは、おだしが染み込んだぶりの子の中身をポリポリ音を鳴らしながら味わって皮は、捨てます。 
昔は、おやつ代わりに頂いてましたが今では高級品となってなかなか頂けませんが道の駅でお買い得品を見つけて購入しました。私にとって懐かしい味です。


津軽の伝承料理は、子供の頃から慣れ親しんだお料理。
郷土色豊かな津軽の伝承料理、勉強し、いつかお伝え出来るようになれたらと考えております♡

b9c272f4 /  Nadia
応援クリック押してくださると嬉しいです。

Instagram/更新情報

2 / 1

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。8月も最後を迎えました。日が落ちる早さを感じ、暑さの中に初秋の雰囲気を感じます。今日ご紹介するお料理は、なすのしそ巻きです♡津軽地方郷土料理で夏の定番メニュー。数年前レシピをあげて以来、嬉しいコメントをたくさん頂いて家庭料理を伝えたいと思うよう ... 続きを読む
IMG_4795
こんにちは。
8月も最後を迎えました。
日が落ちる早さを感じ、暑さの中に初秋の雰囲気を感じます。

今日ご紹介するお料理は、なすのしそ巻きです♡
津軽地方郷土料理で夏の定番メニュー。
数年前レシピをあげて以来、嬉しいコメントをたくさん頂いて家庭料理を伝えたいと思うようになった大切なお料理です。

改めて見直して更に作りやすいレシピとそれに合う写真に変更しました。
IMG_4776
なすのしそ巻き
【材料】(2人前)
・なす:2本

・しその葉 :16枚〜

【A】味噌:大さじ4

【A】砂糖:大さじ1

【A】みりん:大さじ1

サラダ油:適量


【レシピ】         

しそに合わせてなすを太めの短冊切りにする。水に3分ほどさらしキッチンペーパーで水気ををよく拭き取ります。

IMG_4865

②【A】の調味料を合わせ、なすを和えます。

FullSizeRender

③しその葉でなすをくるっと巻く。 
(なす1本につき1枚。細く切った時は、2本〜4本でまとめてもOK。)
IMG_4872
フライパンに油を入れ.巻き目を下に蓋をし蒸し焼きにし中火弱で片面を焼く。しその色が変わったら返し、焦がさないよう均等に焼き出来上がり。
FullSizeRender

POINT

味噌だれは、ゆるくなりすぎないよう味噌で調整してください。
焦げやすいので注意して焦がさないようにするのがポイントです。
しその葉は、赤しそ、青しそ(大葉)お好みで。
大きな葉が巻きやすいですよ。

目安としてなすは、8つ割で16等分くらいを目安になすに合わせて切ってください。


器・箸置き

津軽金山焼

箸 津軽塗り


b9c272f4
1クリック押してくださると嬉しいです。

ご覧いただき、ありがとうございます。
感謝しております♥


Instagram
は、
2
更新情報は、
1
読者になって頂きありがとうございます



Nadiaのレシピも変更しております。
見やすい方で♡
津軽の郷土料理  なすのしそ巻き【#食材2品】

津軽の郷土料理 なすのしそ巻き【#食材2品】

by 仁美

調理時間:10分
Comment

津軽地方の夏の定番家庭料理。しそは、その家庭により赤じそ派と青じそ派に分かれます。(お好みで)大きい紫蘇の葉の方が巻きやすいです。濃いめの味つけでご飯もお酒も進みますよ。より作りやすいレシピに変更しました。2018/8/27

 このレシピを詳しく見る
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。昆布大使レポートを掲載して頂きました。こんぶろぐ今回は、若生おにぎり。海苔のかわりに柔らかい昆布でごはんを包みます。私にとって懐かしい故郷の味。子供の頃は、このおにぎりが苦手でした。その理由は、噛み切るのが難しいから。。。母は、丸く握 ... 続きを読む
FullSizeRender
おはようございます。
昆布大使レポートを掲載して頂きました。

今回は、若生おにぎり。
海苔のかわりに柔らかい昆布でごはんを包みます。
私にとって懐かしい故郷の味。
子供の頃は、このおにぎりが苦手でした。
その理由は、噛み切るのが難しいから。。。
母は、丸く握っていましたがこの半月型にすると食べる方向がわかりやすくなります。
繊維にそうことにより食べやすくなりますよ。
IMG_2877
ちなみに購入したのは、新青森駅。
左がおにぎり用。
右は、煮物用ですので購入の際は、ご確認をしてくださいねー。
※右は、他の場所で購入。
IMG_3938
大人になって気がついたのは、子供の頃、母方の祖母の家で食べていた料理、母のお料理は、津軽の郷土料理が多く慣れ親しんでいたという事。
私が伝えたい食文化 郷土料理もその一つ。
おうちdeごはん ときどき おやつのブログは、そんな事もお伝えできたらな〜と言う思いが入っております

b9c272f4
1クリック応援お願いします。
作り方をNadiaのサイトにあげました。
こちらもよかったらご覧くださいね。

青森のお土産にめずらしい若生こんぶオススメです。
おにぎりも新青森駅に売っていたので旅のお供にもどうぞ~。

器  津軽金山焼
青森を意識してりんごのお皿にしました。
津軽の郷土料理  若生おにぎり

津軽の郷土料理 若生おにぎり

by 仁美

調理時間:5分
Comment

若生(わかおい)とは、薄く柔らかい1年ものの昆布のこと。津軽半島沿岸で春一番の昆布に塩をまぶして、半乾燥させています。若生こんぶを海苔がわりに温かいご飯を包んだものが若生おにぎりです。ほどよい塩味と磯香りが特徴です。食べやすい半月型にしました。

 このレシピを詳しく見る
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加